○大空町出産祝い金支給要綱

平成28年3月31日

告示第19号

(目的)

第1条 この告示は、大空町の次代を担う子どもの誕生を奨励、祝福するため、出産祝い金(以下「祝い金」という。)を支給し、子どもの健全な育成と発育に資することを目的とする。

(用語の定義)

第2条 出生児とは、戸籍法(昭和22年法律第244号)に定められた出生届が受理され、大空町の住民基本台帳に登録された者をいう。

(支給要件)

第3条 祝い金の支給を受けることができる者は、出生児の父若しくは母又はその他実際に出生児を養育する親権者で、出生児の父母どちらかが大空町の住民基本台帳に登録された者。ただし出産等のために一時的に大空町の住民基本台帳に登録した場合は、この限りでない。

(祝い金の額)

第4条 祝い金の額は、出生児1人につき50,000円とし、うち20,000円は、大空町商工会が発行する商品券を支給する。

2 大空町出産祝い金支給届出書の提出前に出生児が死亡した場合は、弔慰金10,000円を支給する。なお、この場合、本文及び様式中「祝い金」とあるのを「弔慰金」と読み替えるものとする。

(届出)

第5条 祝い金の支給を受けようとする者は、大空町出産祝い金支給届出書(別記様式。以下「届出書」という。)を子が出生した日から1箇月以内に町長に届け出なければならない。

2 町長は、提出された届出書の内容について、その事実を大空町が整備している戸籍簿、住民基本台帳等により確認が困難な場合は、届出者に戸籍謄本、出生証明書等出生の証明できる書類を提出させることができる。

(支給)

第6条 町長は、前条による届出を受けたときは、その内容を審査し、適正であると認めたときは、祝い金を支給するものとする。

(祝い金の返還)

第7条 町長は、届出者が虚偽その他不正な行為によって祝い金の支給を受けたと認めたときは、支給した祝い金を返還させることができる。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この告示は、平成28年4月1日から施行し、同日以後に誕生した出生児を対象とする。

画像

大空町出産祝い金支給要綱

平成28年3月31日 告示第19号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成28年3月31日 告示第19号