○大空町地域おこし協力隊設置要綱

平成27年3月5日

告示第3号

(設置)

第1条 人口減少や高齢化の進行が懸念される本町において、地域外の人材を積極的に活用し、その定住及び定着を図るとともに、地域の活力を促進するため、地域おこし協力隊推進要綱(平成21年3月31日付総行応第38号総務事務次官通知)に基づき大空町地域おこし協力隊(以下「協力隊」という。)を設置する。

(協力隊の活動)

第2条 協力隊の隊員は(以下「隊員」という。)は、次に掲げる活動を行うものとする。

(1) 農林水産業の振興に関する活動

(2) 商工観光業の振興に関する活動

(3) 移住及び定住の促進に関する活動

(4) 地域資源の発掘及び地域振興に関する活動

(5) 地場産品の開発及び販売に関する活動

(6) 地域コミュニティに関する活動

(7) 町民の生活支援に関する活動

(8) その他町長が必要と認める活動

(隊員の要件)

第3条 隊員は、次に掲げる要件をすべて満たす者のうちから町長が任用する。

(1) 3大都市圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域の全部をいう。)をはじめとする都市地域(過疎、山村、離島、半島等の対象地域又は指定地域を有していない市町村をいう。)等に現に住所を有する者で、生活拠点を本町に移し、住民票を異動させることに了承する者

(2) 協力隊の活動に積極的に取り組むとともに、地域になじむ意思を有し、かつ、誠実に活動を遂行できる者

2 前項の規定により任用された隊員は、速やかに本町へ住民票を異動させるものとする。

(隊員の任用期間等)

第4条 町長は、1年を超えない範囲内で隊員の任用期間を定めるものとし、必要があると認めるときは、1年を超えない範囲内で延長し、3年の期間を限度として任用することができるものとする。

2 町長は、隊員としてふさわしくないと判断した場合には、任用期間中であっても任用を取り消すことができるものとする。

(身分及び賃金等)

第5条 隊員の身分は、大空町臨時職員等の勤務条件に関する条例(平成18年大空町条例第38号)第2条第2項第3号に規定する非常勤職員とし、賃金、勤務時間その他の勤務条件については、同条例の規定を適用する。

(秘密の保持)

第6条 隊員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職務を退いた後も同様とする。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が定める。

附 則

この告示は、平成27年3月5日から施行する。

大空町地域おこし協力隊設置要綱

平成27年3月5日 告示第3号

(平成27年3月5日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第11節 地域振興
沿革情報
平成27年3月5日 告示第3号