○大空町衛星ブロードバンド整備事業実施規則

平成21年9月17日

規則第21号

(趣旨)

第1条 この規則は、地域情報格差の是正、地域住民の生活の向上及び地域経済の活性化を図るため、国の地域情報通信基盤整備推進交付金交付要綱(平成18年5月10日付け総情地第21号総務大臣通知。)に規定する地域情報通信基盤整備推進交付金の採択を受け実施する大空町衛星ブロードバンド整備事業(以下「事業」という。)に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 衛星ブロードバンド 人工衛星を利用した高速情報通信をいう。

(2) 衛星ブロードバンド機器 人工衛星と通信するための屋外設置アンテナ及びアンテナで送受信した信号を情報に変換するモデム等をいう。

(3) 機器設置 アンテナを設置するための架台設置及びアンテナからモデムまでの同軸ケーブル敷設をいう。

(4) 同一敷地 道路、水路等で区分されていない一団の宅地をいう。

(事業の内容)

第3条 この規則において事業とは、民間企業が提供する衛星ブロードバンドの接続に必要となる衛星ブロードバンド機器について、町が設置し貸与する事業をいう。

(対象者)

第4条 事業の対象となる者は、町内に家屋、事務所又は事業所を所有する者、又は公共施設の管理者(以下「対象者」という。)とする。

(利用範囲)

第5条 対象者が衛星ブロードバンド機器を利用することができる範囲は対象者が所有する建物及びその同一敷地内とする。

(利用申込)

第6条 衛星ブロードバンド機器を利用しようとする対象者は、大空町衛星ブロードバンド利用申込書(様式第1号)(以下「申込書」という。)を町長に提出しなければならない。

(決定)

第7条 町長は、前条に定める利用申込書の受理後、申請の内容を審査し、大空町衛星ブロードバンド利用決定通知書(様式第2号)又は大空町衛星ブロードバンド利用却下通知書(様式第3号)により利用申込者に通知するものとする。

(機器設置の実施方法)

第8条 町長は、大空町衛星ブロードバンド整備事業分担金条例(平成21年大空町条例第27号)第3条に規定する分担金の収納後、機器設置を行うものとする。

(機器の貸与)

第9条 町長は、受益者に対して衛星ブロードバンド機器を無償で貸与するものとする。

2 受益者は、衛星ブロードバンド機器について善良な管理を行わなければならない。

3 受益者は、衛星ブロードバンド機器について、故障又は破損が生じた場合は、速やかに町長に連絡するとともに、修理等を行うものとする。

(受益者の変更)

第10条 受益者の名義を変更しようとする者は、変更の理由が生じた日から30日以内に、大空町衛星ブロードバンド受益者変更届(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(廃止の届出)

第11条 衛星ブロードバンド機器の利用を廃止しようとする者は、大空町衛星ブロードバンド利用廃止届(様式第5号)を町長に提出しなければならない。

2 町長は、前項の廃止届けを受理した際は、受益者と協議し、速やかに衛星ブロードバンド機器を撤去するものとする。

3 衛星ブロードバンド機器の撤去に伴う家屋の原状復帰については、受益者の負担とする。

(移設の届出)

第12条 申込書に記載した設置場所を変更しようとする者は、大空町衛星ブロードバンド移設届(様式第6号)を町長に提出しなければならない。

2 変更後の設置場所は第5条に定める利用範囲を超えてはならない。

3 設置場所の変更に伴う費用は、受益者の負担とする。

(責任の制限)

第13条 町は、衛星ブロードバンド機器利用によって生じた損害若しくはインターネットから得た情報に起因して生じた損害に対しては責任を負わない。

(無断利用の禁止)

第14条 受益者が、第5条で定める利用範囲を超え衛星ブロードバンド機器を貸与、譲渡することは禁止する。

(その他)

第15条 この規則に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大空町衛星ブロードバンド整備事業実施規則

平成21年9月17日 規則第21号

(平成21年9月17日施行)