○大空町子ども医療費の助成に関する条例施行規則

平成18年3月31日

規則第55号

(所得の額等)

第2条 条例第3条第3号に規定する所得の額及び所得の範囲並びに所得の額の計算方法は、別表によるものとする。

(受給資格者の認定申請)

第3条 条例第4条第1項の規定により、認定申請をしようとする者は、子ども医療費受給資格者認定申請書(様式第1号。以下「認定申請書」という。)に次の各号に掲げる書類を添えて申請しなければならない。

(1) 医療保険各法による被保険者又は被扶養者たることを証する書類(以下「被保険者証等」という。)

(2) 条例第3条第3号に規定する保護者の所得の状況を明らかにする書類

(3) その属する世帯員全員が市町村民税非課税者である場合にあっては、世帯全員が市町村民税非課税者であることを確認できる書類

2 町長は、前項の規定にかかわらず認定申請書に添付すべき書類の内容が、公募等によって確認することができるときは、当該書類の添付を省略することができるものとする。

3 町長は、第1項の規定にかかわらず、必要と認めるときは、他の書類を添付させることができるものとする。

(受給資格者の登録及び受給者証の交付)

第4条 町長は、前条の規定により認定したものについて子ども医療費給付登録台帳(様式第2号)に登録し、子ども医療費受給者証(様式第3号。以下「受給者証」という。)を交付するものとする。

2 受給者証をき損又は亡失したときは、子ども医療費受給者証再交付申請書(様式第4号)を町長に提出し、再交付を受けなければならない。

3 第1項の受給者証は、毎年更新するものとし、その期間は7月1日から7月31日までとする。ただし、町長が特に認めた場合は、この限りでない。

(受給者証の提示)

第5条 受給資格者は、医療を受けるときは、保険医療機関等に受給者証に被保険者証等を添えて提示するものとする。

(助成の申請)

第6条 条例第8条第1項に規定する助成の申請は、子ども医療費助成金交付請求書(様式第5号)に保険医療機関等で発行する一部負担金等を領収したことを証明する書類を添えて町長に提出するものとし、同条第2項に規定する助成の請求は、月の初日から末日までに行われた医療につき、当該医療を行った医療機関等から翌月の10日までに提出される診療報酬明細書により、北海道社会保険診療報酬支払基金又は北海道国民健康保険団体連合会を通じて行うものとする。

(助成額の決定)

第7条 町長は、前条の規定による請求があったときは、審査の上支払額を決定し、子ども医療費助成金支払通知書(様式第6号)により当該申請者に通知する。

(届出)

第8条 条例第9条に規定する届出は、子ども医療費受給者資格変更届(様式第7号)により行わなければならない。

(基本利用料に係る上限額等)

第9条 条例第5条に規定する額及び計算方法並びに負担区分等は、高齢者の医療の確保に関する法律施行令(平成19年政令第318号)第15条第3項(同項第2号に掲げる者については、第1号を適用する。)に規定する額とする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の乳幼児医療費の助成に関する条例施行規則(平成6年女満別町規則第16号)又は東藻琴村乳幼児医療費助成事業に関する条例施行規則(昭和47年東藻琴村規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成20年3月18日規則第9号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月18日規則第12号)

この規則は、平成20年10月1日から施行する。

附 則(平成20年12月18日規則第29号)

この規則は、平成21年1月1日から施行する。

附 則(平成22年6月9日規則第18号)

この規則は、平成22年8月1日から施行する。

附 則(平成24年5月21日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年6月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の大空町乳幼児医療費の助成に関する条例施行規則の規定は、平成24年6月1日以後受給資格者が受けた医療に係る医療費から適用し、同日前に受けた医療に係る医療費に対する助成については、なお従前の例による。

附 則(平成25年3月14日規則第5号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年6月25日規則第11号)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年8月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の大空町子ども医療費の助成に関する条例施行規則の規定は、平成26年8月1日以後受給資格者が受けた医療に係る医療費から適用し、同日前に受けた医療に係る医療費に対する助成については、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

第2条に規定する所得の額並びに所得の範囲及び所得の額の計算方法

所得の額

前年の所得(1月から7月までの分の医療に関する経費の助成については、前々年の所得とする。)とし、児童手当法施行令(昭和46年政令第281号)第1条に定める額とする。

所得の範囲

児童手当法施行令第2条の規定によるものとする。

所得の額の計算方法

児童手当法施行令第3条の規定によるものとする。

画像

画像

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

大空町子ども医療費の助成に関する条例施行規則

平成18年3月31日 規則第55号

(平成26年8月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成18年3月31日 規則第55号
平成20年3月18日 規則第9号
平成20年6月18日 規則第12号
平成20年12月18日 規則第29号
平成22年6月9日 規則第18号
平成24年5月21日 規則第8号
平成25年3月14日 規則第5号
平成26年6月25日 規則第11号