○大空町立幼稚園園則

平成18年3月31日

教育委員会規則第22号

(目的)

第1条 大空町立幼稚園(以下「幼稚園」という。)は、学校教育法(昭和22年法律第26号)の趣旨に基づき幼児を保育し、適当な環境を与えてその心身の発達を助長することを目的とする。

(入園資格)

第2条 幼稚園に入園できる者は、満3歳から小学校就学の始期に達するまでの幼児とする。

(保育年限定員)

第3条 幼稚園の保育年限は3箇年とし、幼児の定員は次のとおりとする。

(1) 大空町立女満別幼稚園 240人

(2) 大空町立東藻琴幼稚園 105人

(保育期)

第4条 保育期は、4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

2 保育期を分けて次の3期とする。

第1保育期 4月1日から7月31日まで

第2保育期 8月1日から12月31日まで

第3保育期 1月1日から3月31日まで

3 園長は、教育上特に必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、教育委員会の承認を得て2期とすることができる。

(休業日)

第5条 休業日は、次のとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日

(2) 日曜日及び土曜日

(3) 開園記念日

(4) 学年始休業日 4月1日から4月7日まで

(5) 夏季休業日 7月10日から8月31日までの間において引き続き25日以内

(6) 冬季休業日 12月10日から翌年1月31日までの間において引き続き25日以内

(7) 学年末休業日 3月25日から3月31日まで

(8) その他の休業日 園長が教育長の承認を得て定める日

2 前項第3号第5号及び第6号に掲げる休業日の日数又は期間は、園長が定める。

3 園長は、第1項第5号及び第6号に掲げる休業日の総日数の範囲内で、それぞれの休業日数を変更し、又は教育長の承認を得て、10日以内に限り他の時季に休業日を設けることができる。

4 園長は、保育上特に必要があると認めるときは、第1項の規定にかかわらず休業日を保育日とすることができる。

5 園長は、前項の規定により第1項第2号に掲げる休業日を保育日としたときは、保育日を休業日とすることができる。

(臨時休業)

第6条 園長は、非常変災その他緊迫の事情等によりやむを得ないと認めるときは、臨時に保育を行わないことができる。

(保育の終始時刻)

第7条 保育の終始の時刻は、園長が定める。

(修了証書)

第8条 園長は、所定の教育課程を修了した者に対して、修了証書(様式第1号)を授与する。

(職員組織)

第9条 幼稚園に園長、副園長、教務主任、主査、教諭、助教諭及びその他必要な職員を置く。

(入園許可)

第10条 幼児の入園は、園長が許可する。

(入園時期)

第11条 幼児の入園時期は、4月とする。ただし、欠員のある場合は、随時に入園させることができる。

(入園の取扱い)

第12条 入園しようとする者は、入園願書(様式第2号)を指定された期日までに園長に提出しなければならない。

2 入園しようとする者の数が定員を超過した場合は、選考により入園者を決定するものとする。

(欠席)

第13条 幼児が欠席するときは、適当な方法で保護者から園長に届け出なければならない。

(休園、退園)

第14条 幼児が長期の休園又は退園しようとするときは、休園願(様式第3号)又は退園願(様式第4号)により園長に届け出なければならない。

(表彰)

第15条 園長は、保育上必要があると認めるときは、幼児を表彰することができる。

(保育料、入園料)

第16条 保育料及び入園料は、大空町立幼稚園入園料及び保育料に関する条例(平成18年大空町条例第81号)の定めるところによる。

(その他)

第17条 この規則に定めるもののほか、幼稚園に関し必要な事項は、園長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の女満別町立女満別幼稚園園則(昭和45年女満別町教育委員会規則第2号)又は東藻琴村立東藻琴幼稚園園則(昭和49年東藻琴村教育委員会規則第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

大空町立幼稚園園則

平成18年3月31日 教育委員会規則第22号

(平成18年3月31日施行)