○北海道東藻琴高等学校4年生国内国外研修事業補助要綱

平成18年3月31日

教育委員会告示第4号

(目的)

第1条 この告示は、北海道東藻琴高等学校(以下「高等学校」という。)の生徒が国内・国外研修を行うことにより、広く異なる文化や社会での交流及び体験を通じ視野を広め、農業及び農業関連産業の基本的な知識や技術を伸展させて応用的知識技術を修得させることを目的とする。

(研修対象生徒)

第2条 研修対象の生徒は、高等学校の四年制コースを選択する者であって、次の各号の要件を備えるものとする。

(1) 農業及び農業関連産業に従事する強い意志を有し、学習意欲が旺盛な者

(2) 農業及び農業関連産業に従事するに当たり、研究課題をもっている者

(引率者)

第3条 研修を円滑かつ効果的に実施するため引率者を必要とする場合は、高等学校の教職員を引率者とする。

(研修事業の承認)

第4条 この研修事業は、毎年度高等学校の教育計画に基づき研修事業を実施する。

2 北海道東藻琴高等学校長(以下「学校長」という。)は、研修計画書(別記様式)に、次に掲げる書類を添えて教育委員会に申請し、あらかじめ承認を受けるものとする。

(1) 身上書

(2) 推薦書

(3) 保護者の承諾書

(4) その他教育委員会が必要と認める書類

(補助対象経費)

第5条 研修に係る補助対象経費は、次のとおりとする。

(1) 交通費は、最も安価で経済的な通常の経路及び方法により旅行した場合の鉄道賃、船賃、航空賃、車賃等の算出額とする。

(2) 宿泊料は、研修先があっせんした料金とする。ただし、研修先等のあっせんがない場合は、国内研修については、1人1泊9,000円を限度として実費を支給することとし、国外研修については、旅行業社が示す最も低廉な実費を支給する。

(3) 昼食は、2日目以降について研修先のあっせんする料金とする。ただし、研修先等のあっせんがない場合は、1人600円以内の実費とする。

(4) 研修に係る負担金は、研修先の示す金額とする。

(5) その他教育委員会が特に認めた経費

(補助金額)

第6条 補助金額は、予算の範囲内において前条の規定により算出した対象経費の総額に次の補助率を乗じて得た額とする。

(1) 対象となる生徒の補助金額は、研修経費の3分の2以内とする。

(2) 引率教職員の補助金額は、研修経費の全額とする。

(補助金の交付申請及び交付決定)

第7条 学校長は、研修事業に係る補助金の交付申請について大空町補助金交付規則(平成18年大空町規則第38号)により行うものとする。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が定める。

附 則

この告示は、平成18年3月31日から施行する。

画像画像画像画像

北海道東藻琴高等学校4年生国内国外研修事業補助要綱

平成18年3月31日 教育委員会告示第4号

(平成18年3月31日施行)