○北海道東藻琴高等学校入学検定料等徴収条例

平成18年3月31日

条例第79号

(趣旨)

第1条 北海道東藻琴高等学校の入学検定料、入学料及び授業料(以下「入学検定料等」という。)は、この条例の定めるところにより徴収する。

(入学検定料等の額)

第2条 入学検定料等の額は、別表のとおりとする。

(休学者等の授業料)

第3条 休学をした生徒については、休学の許可のあった日の属する月の翌月分から復学の日の属する月の当月分(復学の日がその属する月の初日のときは、復学の日の属する月の前月分)までの授業料は徴収しない。

2 北海道東藻琴高等学校に転学又は転学に類する編入学(以下「転学等」という。)をした生徒(転学等の許可のあった日が当該転学等の許可のあった日の属する月の初日である者を除く。)については、転学等の許可のあった日の属する月の当月分の授業料は徴収しない。

(納付方法等)

第4条 入学検定料等の納付方法その他の徴収手続は、教育委員会の定めるところによる。

(入学検定料等の還付)

第5条 既納の入学検定料等は還付しない。ただし、町長が特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。

(過料)

第6条 偽りその他不正な行為により入学検定料等の徴収を免れた者は、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額(当該5倍に相当する金額が5万円を超えないときは、5万円とする。)以下の過料に処する。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会が規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の北海道東藻琴高等学校授業料等徴収条例(昭和43年東藻琴村条例第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成21年12月17日条例第37号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

附 則(平成22年6月16日条例第23号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 平成21年度分以前の授業料の徴収については、改正後の北海道東藻琴高等学校入学検定料等徴収条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成26年3月13日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成26年3月31日において現に北海道東藻琴高等学校の生徒であった者に係る授業料の徴収については、この条例による改正後の北海道東藻琴高等学校入学検定料等徴収条例(以下「改正後の条例」という。)第2条及び第3条の規定にかかわらず、なお従前の例による。

3 前項に定めるもののほか、平成26年3月31日において現に公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律の一部を改正する法律(平成25年法律第90号)による改正前の公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成22年法律第18号)第2条第1項に規定する高等学校等の生徒であった者であって、北海道東藻琴高等学校に転学等をした者に係る授業料の徴収については、この条例による改正後の条例第2条及び第3条の規定にかかわらず、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

区分

金額

入学検定料

950円

入学料

1,700円

授業料

月額 900円

北海道東藻琴高等学校入学検定料等徴収条例

平成18年3月31日 条例第79号

(平成26年4月1日施行)