○大空町立高等学校学則

平成18年3月31日

教育委員会規則第18号

(目的)

第1条 大空町立高等学校は、学校教育法(昭和22年法律第26号)の趣旨に基づき、中学校における教育の基礎の上に、心身の発達に応じて、高等普通教育及び専門教育を施すことを目的とする。

(名称、課程等)

第2条 大空町立高等学校(以下「学校」という。)の名称、課程及び学科並びに生徒定員は、別表のとおりとする。

2 修業年限は、3年又は4年とする。

(学年及び学期)

第3条 学年は、4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第4条 学年を分けて前期及び後期とする。

前期 4月1日から9月30日まで

後期 10月1日から3月31日まで

(授業終始の時刻)

第5条 授業終始の時刻は、校長が定める。

(休業日)

第6条 休業日は、次のとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日

(2) 日曜日及び土曜日

(3) 開校記念日

(4) 学年始休業日 4月1日から4月7日まで

(5) 夏季休業日 7月10日から8月31日までの間において引き続き25日以内

(6) 冬季休業日 12月10日から翌年1月31日までの間において引き続き25日以内

(7) 学年末休業日 3月25日から3月31日まで

(8) 校長が教育長の承認を得て定める日

2 前項第3号第5号及び第6号に掲げる休業日の期日又は期間は、校長が定める。

3 校長は、第1項第5号及び第6号に掲げる休業日の総日数の範囲内で、それぞれの休業日の日数を変更し、又は教育長の承認を得て、10日以内に限り他の時期に休業日を設けることができる。

4 校長は、教育上特に必要があると認めるときは、第1項(第1号を除く。)の規定にかかわらず休業日を授業日とすることができる。

5 校長は、前項の規定により第1項第2号に掲げる休業日を授業日としたときは、授業日を休業日とすることができる。

6 校長は、非常変災その他緊迫の事情等によりやむを得ないと認めるときは、臨時に授業を行わないことができる。

(課程の修了及び卒業の認定)

第7条 課程の修了又は卒業の認定は、生徒の平素の成績を評価して定める。

(卒業証書)

第8条 校長は卒業を認定した者には、卒業証書(様式第1号)を授与する。

(単位修得証明書)

第9条 生徒が教科及び科目の単位を履修した証明を願い出たときは校長において単位修得証明書(様式第2号)を交付する。

(職員)

第10条 学校には、校長、教頭、教諭、事務職員その他必要な職員を置く。

(募集人員等の告示)

第11条 生徒の募集人員及び入学願書の提出期日等はその都度告示する。

(入学許可)

第12条 生徒の入学は、校長が許可する。

(入学志願の手続)

第13条 学校に入学を志願する者は、入学願書(様式第3号)に入学検定料を添え指定の期日までに校長に願い出なければならない。

(誓約書)

第14条 入学を許可された者は、入学後14日以内に保証人を定め誓約書(様式第4号)を、校長に提出しなければならない。

(保証人)

第15条 保証人は、学校に対し生徒に関する一切の責任を負うことができる者でなくてはならない。

2 保証人は、保護者に事故あるときは、これに代わって生徒の補導を行い、学校に対し、生徒に関する身分上及び財産上の一切の責任を負わなければならない。

3 保護者は、生徒又は保証人について、転居又は氏名変更等があった場合は、速やかに、校長に届け出なければならない。

4 校長は、保証人を適当でないと認めたときは、保護者に対してその変更を求めることができる。

(休学及び退学)

第16条 生徒が休学又は退学しようとするときは、休学願(様式第5号)又は退学願(様式第6号)により校長に願い出て許可を受けなければならない。

(復学)

第17条 休学中の生徒が復学しようとするときは、復学願(様式第7号)に医師の診断書その他復学の理由を証明するに足る書類を添えて校長に願い出なければならない。

2 校長は、復学の願い出があるときは、相当学年に復学を許可し、又は修得した単位及び在学した期間に応じて、相当の期間を在学すべき期間として、復学を許可することができる。

(転学)

第18条 他の高等学校に転学を志望する生徒は、転学願(様式第8号)により校長に願い出て許可を受けなければならない。

第19条 他の高等学校から転学を志願する生徒があるときは、校長は、教育上支障がない場合には、その者の修得した単位に応じて、相当学年に転入を許可し、又は修得した単位及び在学した期間に応じて、相当の期間を在学すべき期間として、これを許可することができる。

(賞罰)

第20条 学校は教育上必要があると認めるときは、生徒を賞罰することがある。

2 賞罰の種類及びその適用については、校長が定める。ただし、体罰は加えない。

第21条 懲戒による退学を命ずるのは、次の各号のいずれかに該当する場合に限る。

(1) 性行不良で改善の見込みがないと認められる者

(2) 著しく学習を怠り、成業の見込みがないと認められる者

(3) 正当の理由がなくて出席が常でない者

(4) 学校の秩序を乱し、その他生徒としての本分に反した者

(入学料、入学検定料及び寄宿舎使用料)

第23条 入学料、入学検定料及び寄宿舎使用料の額、徴収方法、減免その他については北海道東藻琴高等学校入学検定料等徴収条例(平成18年大空町条例第79号)の定めるところによる。

(その他)

第24条 この規則の施行に関し必要な事項は、校長が定める。

附 則

この規則は、平成18年3月31日から施行する。

附 則(平成22年6月23日教育委員会規則第25号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行し、平成22年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 平成21年度分以前の授業料の額、徴収方法、減免その他については、この規則の規定にかかわらず、なお従前の例による。

別表(第2条関係)

名称

課程

学科

生徒定員

1年

2年

3年

4年

北海道東藻琴高等学校

定時制の課程

生産科学科

40

40

40

40

160

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

大空町立高等学校学則

平成18年3月31日 教育委員会規則第18号

(平成22年6月23日施行)