○大空町職員の旅費に関する条例施行規則

平成18年3月31日

規則第36号

第2条 条例第22条に規定する日額旅費は、別表のとおりとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年3月31日から施行する。

(経過措置)

2 この規則は、この規則の施行の日(以下「施行日」という。)以後に出発する旅行について適用し、施行日前に出発した旅行については、この規則の規定にかかわらず、合併前の女満別町職員の旅費支給規則(昭和30年女満別町規則第3号)又は職員の旅費に関する条例施行規則(昭和37年東藻琴村規則第4号)の規定による。

別表(第2条関係)

区分

宿泊料

日当

宿泊の場合

研修機関に附属する施設(寮など)に入る場合

研修機関の定める額

2,200円

旅館等に宿泊する場合

宿泊が7日を超える場合

9,000円

2,200円

宿泊が7日以内の場合

12,000円

2,200円

道職員と市町村職員交流要綱に基づく派遣研修の場合

1,700円

1 広域研修、委託研修、自治大学校研修、北海道派遣研修及びこれらに類する研修の場合は、この表により旅費を支給する。

2 研修に入る前日及び終了の翌日については、大空町職員の旅費に関する条例第13条から第18条までの規定を適用する。

3 大空町職員の旅費に関する条例第9条の規定は適用しない。

4 研修に要する図書費など研修機関の定めるもので旅費に相当する経費以外の費用(個人負担を相当とする費用は除く。)は、別に支給する。

5 道外視察研修の場合は、正当な旅費算出に基づき打切旅費を支給する。

大空町職員の旅費に関する条例施行規則

平成18年3月31日 規則第36号

(平成18年3月31日施行)

体系情報
第5編 与/第3章
沿革情報
平成18年3月31日 規則第36号