○大空町臨時職員等の勤務条件に関する条例

平成18年3月31日

条例第38号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)に規定するもののほか、大空町の一般職の臨時職員及び非常勤職員(以下「臨時職員等」という。)の勤務時間、賃金、報酬その他の勤務条件に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 臨時職員 地方公務員法第22条第5項及び地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第6条第1項の規定により臨時的に任用する職員をいう。

(2) 非常勤職員 雇用期間を1年以内として採用される者で、大空町職員定数条例(平成18年大空町条例第27号)第2条に規定する一般職の職員(以下「常勤の職員」という。)の1週間の勤務時間に比し相当程度短い勤務時間を勤務する職員(地方公務員法第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員を除く。)をいう。

2 前項の規定により、法令その他別に定めがあるもののほか、次の臨時職員等を置くことができる。

(1) 臨時職員 臨時事務生、臨時技術生(員)、パートタイマー

(2) 非常勤職員 指導員、調査員、推進員、嘱託(員)

(3) その他町長が特に必要と認める非常勤職員の職

(任免)

第3条 臨時職員等は、町長が任免する。

(欠格条項)

第4条 次の各号のいずれかに該当する者は、臨時職員等となることができない。

(1) 成年被後見人及び被保佐人

(2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終えるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者

(3) 大空町から懲戒免職の処分を受け、その処分の日から3年を経過しない者

(4) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

(更新)

第5条 町長は、臨時職員の雇用期間満了の際、特に必要があると認めるときは、その雇用期間を1回に限り更新することができる。ただし、更新前の雇用期間を含めて雇用期間の合計が12箇月を超えることができない。

2 町長は、非常勤職員の雇用期間満了の際、特に必要があると認めるときは、その雇用期間を1年を超えない範囲内で更新することができる。

(勤務時間)

第6条 臨時職員等の勤務時間は、常勤の職員の勤務時間を超えない範囲内において、職の性質に応じ、その都度定める。

(有給休暇)

第7条 臨時職員等には、労働基準法(昭和22年法律第49号)第39条の規定を適用するほか、別表第1に定めるところにより年次有給休暇を与える。

(特別休暇)

第8条 臨時職員等に特別休暇を与える。

2 特別休暇は、出産休暇、生理休暇、育児休暇とし、労働基準法に定めるところによる。

3 前項の休暇は、無給とする。

(代替休暇)

第9条 臨時職員等が、大空町の休日を定める条例(平成18年大空町条例第2号)に規定する休日(以下「町の休日」という。)に勤務を命じられた場合で、町長が必要と認めたときは、半日を単位として代替休暇を与えることができる。

2 代替休暇日は、勤務を要しない日を振り替えたものとみなし、無給とする。

(賃金等)

第10条 臨時職員に賃金及び通勤手当並びに非常勤職員に報酬及び費用弁償(以下「賃金等」という。)を支給する。

2 賃金は時間給又は日給とし、報酬は、第2条第2項第2号の職員にあっては日給とし、同項第3号の職員にあっては時間給又は月給とする。その額は、別表第2に定める額とする。

3 通勤手当及び費用弁償は、通勤のため交通機関を利用し、又は自動車その他の交通用具を使用し通勤する者に対し、別に定める基準により支給する。

4 所定の勤務時間を超えて勤務した全時間に対し、次に掲げる区分により算出した1時間当たりの賃金等額の100分の125(その勤務が午後10時から翌日の午前5時までの間であるときは、100分の150)の率で計算した割増賃金等を支払う。

(1) 時間給 その1時間当たりの賃金額

(2) 日給 賃金等日額を1日の勤務時間で除して得た額

(3) 月給 大空町職員の給与に関する条例(平成18年大空町条例第49号)第18条に規定する勤務1時間当たりの給与額の算出の例により計算して得た額

5 前項の規定にかかわらず、第2条第2項第3号に掲げる者のうち、管理する職の者には、割増賃金等は支給しない。

6 期末手当は、6月1日及び12月1日(以下これらの日を「基準日」という。)にそれぞれ在職する第2条第2項第3号の職員のうち、1週間の勤務時間が34時間以上で60歳に達した日後における最初の3月31日までの間にある職員に対し、支給する。

7 前項の期末手当の額は、基準日における月給に100分の100を乗じて得た額に、基準日以前6箇月以内の期間におけるその者の在職期間の次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める割合を乗じて得た額とする。

(1) 6箇月 100分の100

(2) 5箇月以上6箇月未満 100分の80

(3) 3箇月以上5箇月未満 100分の60

(4) 3箇月未満 100分の30

(減給)

第11条 臨時職員等が所定の勤務時間に勤務しなかったときは、次の各号のいずれかに該当する場合を除くほか、その勤務しない1時間につき、前条第4項各号に規定する1時間当たりの額を減額した賃金等を支給するものとする。

(1) 1日の欠勤時間が30分未満のとき。

(2) 職務のための負傷及び疾病による欠勤のとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、勤務しないことにつき任命権者の承認があったとき。

(支給日)

第12条 期末手当を除く賃金等は、前月分について毎月10日に支給するものとし、期末手当は6月10日及び12月10日に支給するものとする。ただし、その日が休日又は土曜日、日曜日に当たるときは、その日前においてその日に最も近い日で休日又は土曜日、日曜日でない日を支給日とする。

(服務)

第13条 臨時職員等は、その職務の遂行に当たり、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

2 臨時職員等は、その職務を履行するため、法令、条例及び規則等を遵守するとともに、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

3 臨時職員等は、その職の信用を傷つけるような行為をしてはならない。

4 臨時職員等は、町長の許可を受けた場合を除き、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

(免職理由)

第14条 臨時職員等が次の各号のいずれかに該当する場合は、その職を免ずるものとする。

(1) 勤務実績が良くない場合

(2) 心身の故障のため職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合

(3) 職制の改廃又は予算の減少により、廃職又は過員を生じた場合

(4) 刑事事件に関し、起訴された場合

(補償)

第15条 臨時職員等が公務上の災害により休業補償を受けた場合は、その期間、賃金等を支給しない。

(退職)

第16条 臨時職員等は、次の各号のいずれかに該当したときは退職する。

(1) 雇用期間又は更新期間が満了したとき。

(2) 退職願が提出され、かつ、町長から承認されたとき。

2 前項第2号の退職願は、退職を希望する日の14日前までに提出しなければならない。

(旅費)

第17条 臨時職員等が公務のため出張した場合は、大空町職員の旅費に関する条例(平成18年大空町条例第52号)の例により旅費を支給する。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成18年3月31日から施行する。

附 則(平成25年12月19日条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の大空町臨時職員等の勤務条件に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後の勤務に係る賃金等について適用し、同日前までの勤務に係る賃金等については、なお従前の例による。

附 則(平成28年12月21日条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の大空町臨時職員等の勤務条件に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後の勤務に係る賃金等について適用し、同日前までの勤務に係る賃金等については、なお従前の例による。

附 則(平成29年3月14日条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成29年4月1日から施行する。

(平成29年6月に支給する期末手当の特例措置)

2 この条例の施行日前から引き続き在職する非常勤職員に係る平成29年6月に支給する期末手当の額は、改正後の大空町臨時職員等の勤務条件に関する条例第10条第7項の規定による基準日以前6箇月以内の在職期間に、施行日前に在職した期間を通算するものとし、その期間による割合を乗じて得た額とする。

別表第1(第7条関係)

 

理由

期間

1

証人、鑑定人、参考人等として国会、裁判所、地方公共団体の議会その他官公署への出頭

必要と認める期間

2

選挙権その他公民としての権利の行使

必要と認める期間

3

忌引

大空町職員の例に準じ、最小限の範囲で町長が必要と認める期間

別表第2(第10条関係)

1 第2条第2項第1号及び第2号の職員

職名

日額

時間給

事務(技術)補助

6,500円

840円

看護師

8,600円

1,110円

准看護師

8,300円

1,070円

保健師

9,900円

1,280円

管理栄養士

8,600円

1,110円

栄養士

7,600円

980円

保育士

8,600円

1,110円

幼稚園教諭

8,600円

1,110円

教諭

8,600円

1,110円

歯科衛生士

7,600円

980円

特殊車両運転手

11,500円

1,480円

普通作業員

9,200円

1,190円

軽作業員

7,100円

920円

業務内容

時間給

月額

一般業務

840円

時間給に、その者の1週間の勤務時間を乗じ、当該乗じて得た額に52を乗じた額を12で除して得た額とし、当該額に100円未満の端数がある場合は、100円未満を切り上げて得た額とする。

専門性の高い一般業務

1,030円

専門実務経験又は資格が必要な業務

1,110円

保健師資格及び高度な専門知識を必要とする業務

1,280円

専門知識を有し、責任者として施設等の運営を行う業務

1,280円

専門技能を有し、肉体的疲労と危険が伴う業務

1,480円

幼稚園教諭免許、保育士免許、小学校教員免許又は中学校教員免許が必要であって、経験の蓄積により業務遂行能力の伸長が図られる業務

実務経験1年以内

1,030円

実務経験1年を超え4年以内

1,110円

実務経験4年を超え9年以内

1,190円

実務経験9年超

1,280円

大空町臨時職員等の勤務条件に関する条例

平成18年3月31日 条例第38号

(平成29年4月1日施行)