女満別空港の歴史

2022年8月12日

流氷観測飛行

 開拓当時から昭和初期にかけての時期は、冷害による凶作が5年に1回程度の頻度で発生し、農民の生活は大変悲惨な状況に追い込まれていました。
 流氷の多い年ほど冷害になりやすいと考えられていたことから、流氷を観測して冷害を予測することが提案され、飛行機による気象と流氷の観測が行われることとなりました。
 滑走路用地として、既に使われていなかった競馬場跡地(現在の女満別中央病院付近)が選ばれました。当時は飛行機がまだ珍しい時代で、女満別には実際に飛行機を見たことがある人は誰もいなかったので、議員たちは飛行機が競馬場の走路をグルグル回って飛び立つと考えていたそうです。そうではないことを議員たちが飛行士から聞いたのは議会議決後のことだったので、翌日改めて議会が開き直されたという逸話が残っています。

女満別競馬場.jpg

 

 この競馬場跡地は、滑走路用地に選ばれた時点では一面が雪に覆われていたので、平坦な場所に見えました。しかし、翌年に雪が融けてから現地を確認すると、たくさんある大木の切り株を取り除かないと滑走路として使えないことが分かりました。このため、急きょ村民達が無償で協力して1週間の突貫工事を行い、滑走路が完成しました。このとき工事に参加した村民は1,300人にも及んだそうです。流氷観測飛行に対し、当時の村民たちがいかに期待を寄せていたのかが伝わるエピソードです。

滑走路整備.jpg

 

 こうして昭和10年(1935年)3月23日、女満別の空に初めて飛行機が飛び立ちました。この観測は8年間にわたって続けられ、北海道の夏の天候予知に大きく貢献しました。

根岸錦蔵.jpg

流氷観測機「海風」.jpg

 

 

流氷観測記念碑.jpg

 

海軍美幌航空隊第二基地

 流氷観測飛行のために作られた飛行場は、霞ケ浦海軍航空隊などの演習にも使われることになり、滑走路の一部が拡張されました。
 女満別村は本格的な航空隊基地の誘致を海軍に働きかけ、その結果、昭和17年(1942年)に認可され、「海軍美幌航空隊第二基地」として建設されることになりました。施設の拡張・女満別駅から鉄道の引込線の整備・水道施設の整備などが進められましたが、完成前に終戦を迎えたため、工事は中止されました。
 なお、美幌航空隊は「びほろ」ではなく「みほろ」と読みます。このため、美幌航空隊に所属する機体には、美幌航空隊の頭文字である「ミ」または「M」から始まる識別番号がついていました。

海軍航空隊見取図.jpg

 海軍美幌航空隊第二基地の施設は現在ではほとんど残っていませんが、掩体壕2基は現存する数少ない施設です。
 掩体壕とは、戦争中に装備や物資・人員などを敵の攻撃から守るための施設です。
 この掩体壕は、女満別空港が現在の姿へ発展する歴史の中で戦争遺跡として残る数少ない遺構であり、後世に残すことが必要であると考えられることから、大空町指定文化財に指定されています。
 なお、この掩体壕はいずれも酪農家の私有地内にあります。家畜衛生管理の観点から、敷地内への無断立入は絶対にしないでください。

 

掩体壕.jpg

ゼロ戦女満別号.jpg

 

戦後の女満別空港

 昭和20年(1945年)に終戦を迎えると、進駐した米軍により主滑走路の一部が数箇所にわたって爆破され、飛行場は使用不能になりました。軍事施設として利用できなくするため破壊されたのです。
 その後、朝鮮戦争での不時着用飛行場として利用するため、昭和27年(1952年)に飛行場は米軍により接収され、爆破した箇所を修理したうえで使用されました。
 飛行場が使用できる状態であることが分かると、女満別で空港を建設しようという気運が町民の間で高まり、飛行場の返還運動が起こりました。その結果、現在のボッシュ株式会社女満別テクニカルセンターの場所にあった飛行場用地の一部が昭和31年(1956年)4月に米軍から返還されました。
 同年6月2日には、北日本航空が丘珠空港への不定期ローカル便を運航開始しました。このとき用いられた機種はダグラスDC-3型機という30人乗りの小さなプロペラ機で、天候が荒れると揺れが激しい飛行機でした。
 昭和33年(1958年)7月には飛行場用地の全てが米軍から返還され、同年12月には第三種空港として認可されました。

DC-3.jpg

 

 女満別~丘珠便は開設以来、冬期間は運休していましたが、昭和47年(1972年)からは定期通年運航が開始されYS-11型機が飛び始めました。昭和55年(1980年)には女満別~東京間をYS-11型機で結ぶ直行便が就航し、女満別と首都が2時間40分で結ばれることとなり、地域の経済や生活に大きな影響を及ぼしました。なお、この東京直行便は、YS-11型機としては異例の長距離路線としても知られていました。

旧女満別空港.jpg

 

 女満別空港の利用率は予想以上を上回る好調ぶりだったため、ジェット機が離着陸できる空港を建設しようという運動が盛り上がり、昭和60年(1985年)に滑走路2,000メートル、幅45メートルの新女満別空港が完成しました。
 平成12年(2000年)には滑走路が2,500メートルに延長され、大型機の就航が可能となりました。現在も女満別空港は地元経済の活性化に大きく貢献しています。

開港セレモニー.jpg

 

ジャズフェスティバル.jpg

 

旧空港跡地.jpg

 

現在の滑走路.jpg

 

 関連ページ

女満別空港

流氷の上をヒコーキが飛んだ日

農作物の豊作を祈って~飛行機が冷害から女満別を救った~

女満別空港ホームページ(外部リンク)

地図

女満別空港の歴史

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0152-74-2111