予防接種の接種間隔の変更について

2020年10月1日

令和2年10月1日から、異なるワクチンを接種する場合の接種間隔が一部変更になります。

 

今までは異なるワクチン間の場合、接種してから次の接種をするまでに、一定の間隔をあける必要がありました。

しかし、予防接種実施要領の改正に伴い、令和2年10月1日から、その制限が一部緩和されることとなりました。

 

 

変更点

 

変更前:生ワクチンは接種してから27日以上、不活化ワクチンは接種後6日以上の間隔を空ける。

 

 

変更後:注射生ワクチン接種後、次に注射生ワクチンを接種する場合のみ、中27日以上間隔を空ける。

      その他の組み合わせ(不活化ワクチン→異なる種類の不活化ワクチンなど)については、翌日から接種可能。

 

 

 

※同じワクチン同士の接種間隔は変更ありません (たとえば、ヒブ→ヒブの接種間隔は27日間以上の間隔を空ける必要があります)

 

 

 

 ☆予防接種間隔の変更についてpdf(116KB)

 

 

 

 

お問い合わせ

福祉課
電話:0152-74-2111