新型コロナウイルスに関するお知らせ

2021年1月15日

新型コロナウイルス感染症対策本部情報(1月15日更新)

 日頃から新型コロナウイルス感染症対策にご理解いただきありがとうございます。また、静かな年末年始を過ごすため皆様に様々な 工夫をいただきましたことに感謝を申し上げます。
 関東圏や関西圏などに緊急事態宣言が発出されました。道内では一時期の感染ピークから比較すると少し落ち着いているようにも見えますが、年が明けてからじわじわと再拡大の兆しがうかがえるなど、予断を許さない状況が続いています。
 北海道は、全国的な感染拡大の中、道内の再拡大が懸念されることを踏まえ、現在実施中の集中対策期間を1か月間延長するとしております。集中対策のポイントなどをお知らせしますので、ご参照いただき、引き続いての感染対策にご協力をお願いします。

  

大空町新型コロナウイルス感染症対策本部

役場福祉課健康介護グループ ☎0152-74-2111(内線114)】

支所住民福祉課福祉グループ ☎0152-66-2131(内線442)】

  

 【新着記事一覧】

 

    ※ 道内における発生状況はこちら(北海道HP)   

  

集中対策のポイント

■期間 令和3年1月16日(土)~令和3年2月15日(月)

 

■東京都など緊急事態宣言対象地域との不要不急の往来を控えましょう

 

■感染リスクが回避できない場合(※裏面参照)
 ・札幌市との不要不急の往来を控えましょう
 ・札幌市内では不要不急の外出を控えましょう

 

■感染リスクを回避する行動を徹底しましょう
 ・自宅を含む飲食の場面においては、5人以上や2時間を超える長時間の飲食を控えましょう。また、できる限り同居していない方との飲食は控えましょう(飲食店の利用はお持ち帰りサービスも活用しましょう)
 ・店舗等を訪問する場合は、感染防止対策をしっかり行っている施設を選び、なるべく空いている時間に利用しましょう
 ・普段一緒にいない方と接するときにはマスクの着用や手洗いなどを徹底しましょう

 

■体調に異変があるときは
 ・外出をせず自宅で静養しましょう
 ・新型コロナウイルスへの感染が心配なときは、かかりつけ医や相談センターにまずは相談しましょう

 

集中対策期間における道からの要請

 

感染リスクを回避できない場合とは?

■密閉された屋内
 ・例えば住宅では2003年以降、強制的に常時換気する設備が設置されていますが、設置されていない施設では、室温を保てる範囲(18℃以上を目安)で常時、少し窓を開けることや、連続した部屋を用いた2段階の換気のほか、高性能エアフィルター(HEPAフィルター)付きの空気清浄機の使用などが有効とされています。

 

■人との距離が保たれていない状況
 ・事務所や作業所においては、人と人との間に十分な距離として1m以上、会話や発声時には特に間隔をあけること(2m以上)が有効とされています。
 ・対面距離の確保が困難な場合は、相互のマスク着用に加え、正面を避け対角に座る、十分な換気を行うなど複層的な予防策が重要となります。

 

■長時間の会合
 ・時間の定義はありませんが、飲食の場面と同様に、人と人とが接する時間が長くなれば感染リスクも高まります。長くても2時間以内ということも一定の目安になります。

 

 

 不要不急の外出・往来自粛とは?

■昨年4月に、国の緊急事態宣言が発出された際においては、医療機関への通院、生活必需品の買い物、必要不可欠な職場への出勤、健康維持のための散歩やジョギングなど、生活の維持に必要な場合には、不要不急の外出自粛要請の対象外とされています。

 

■何が不要不急にあたるかは、それぞれの外出の目的、必要性などによって異なります。札幌市内における厳しい感染状況を踏まえ、今必要があるか、他に代替えする方法がないかなどについて検討することが必要です。

 

新型コロナウイルス感染症の相談・受診のめやす

 

 

  

感染症から身を守るために

 

 

R2.10.30 広報折込_ページ_1.jpg

R2.10.30 広報折込_ページ_2.jpg

 

町税や使用料等の納期延長について

詳細は下記リンクをご確認ください。

町税や使用料等の軽減・減免について 

詳細は下記リンクをご確認ください。

 

町内施設等に関するお知らせ(随時更新)

◆6月8日(月)から全ての公共施設の利用を再開しています。再開にあたっては、町において公共施設利用ガイドラインを策定し、利用者の皆様にもご協力をいただきながら、感染予防に努めてまいります。

 

・施設の対応
 ➢施設入口に手指消毒剤を配置します。
 ➢施設内で距離を確保する工夫をします。
 ➢役場職員同様施設管理職員も体調確認等出勤ルールを遵守します。
 ➢施設内の換気、日常消毒を徹底します。

 

・利用者の皆様にお願いしたいこと
 ➢体調の悪い方、感染の疑いのある方は利用をご遠慮ください。
 ➢感染拡大防止のため公共施設利用確認書に緊急連絡先をご記入いただきご提出ください。

  ※個人情報の取扱には十分注意し、感染拡大防止以外の目的には利用しませんのでご理解ください。
 ➢施設利用時は、マスクを着用していください。
  ※運動施設においては、運動中外すこともあると思いますが、受付、着替え等運動をしていない時には着用してください。
 ➢北海道コロナ通知システムへの登録にご協力ください。
  ※各施設にQRコードを用意しています。同じ日の施設利用者に感染者が出た場合に注意喚起のメールが届きます。

   北海道庁HP「北海道コロナ通知システム」
 ➢利用後ご自身に感染の疑いがある場合は、すぐに施設にご連絡ください。
 ➢利用される方ご自身も施設の換気や消毒にご協力ください。

 

・施設での禁止事項
 ➢人との距離を確保できない人数での利用はお断りさせていただきます。
 ➢広く不特定多数の人を集めて行うイベント等の開催はお断りさせていただきます。
 ➢大声を出す行為や近距離での会話はおやめください。
 ➢他者との身体的な接触はおやめください。※人との距離2m以上を意識してください。
 ➢大皿料理や対面での会食はおやめください。※食事をとる場合お互いの距離をとって会話を少なく短時間で済ませてください。

 

・その他各施設においては、国等が示す業種別ガイドラインを参考に独自の感染対策をお願いしますで、ご理解とご協力をお願いします。

 

  

「新しい生活様式」・「新北海道スタイル」

 

 新型コロナウイルスとの闘いが長期化している中、国が示した「新しい生活様式」の北海道内での実践に向けて、ライフスタイルやビジネススタイルを変革させなければいけません。

 道民と事業者が連携しながら、北海道全体で感染リスクを低減させていく、それが「新北海道スタイル」です。

 道民一丸となって、コロナに強い北海道を目指しましょう。

 

 

※「新しい生活様式」・「新北海道スタイル」の詳細については下記リンクからご確認ください。

 

 

各種相談窓口

 

◆コロナウイルス感染症相談窓口

 

相談窓口 電話番号 開設時間
感染症健康相談センター 0800-222-0018 24時間受付

 

 

◆健康相談窓口 

相談窓口 電話番号 開設時間
大空町役場福祉課
健康介護グループ
0152-74-2111
内線112・113・116
平日8:45~17:30
東藻琴総合支所住民福祉課
福祉グループ
0152-66-2131
内線447・448
平日8:45~17:30
大空健康ダイヤル 0120-016-008
通話料・相談料無料
24時間受付

 

◆経営相談窓口 

相談窓口 電話番号 開設時間
大空町商工会 0152-74-2641 平日8 : 45~17 : 30
大空町商工会東藻琴支所 0152-66-2609 平日8 : 45~17 : 30
網走信用金庫女満別支店 0152-74-2171 平日9 : 00~15 : 00
網走信用金庫東藻琴支店 0152-66-2311 平日9 : 00~15 : 00
北見信用金庫美幌支店 0152-73-1311 平日9 : 00~15 : 00
釧路信用組合網走支店 0152-44-7291 平日9 : 00~15 : 00

 

■過去記事一覧

 

 

お問い合わせ

総務課
電話:0152-74-2111