平成30年9月19日以降の節電について

2018年9月21日

苫東厚真発電所1号機は安定した運転可能な状態であることが確認されたことから、9月19日午前9時00分に復旧しました。
 

この復旧により、安定した電力の供給ができるようになりました。


このことから、節電につきましては、これまでは節電タイム(平日の午前8時30分から午後8時30分まで)において「できる限りの節電」(電力需要減1割確保)を目標としておりましたが、苫東厚真発電所1号機再稼働により、電力供給が安定化する見通しとのことから、今後は例年のように、暖房使用などの電力需要が増える冬場に向けた「無理のない範囲での節電」にご協力お願いいたします。

 

日々の暮らしの中でできる一人ひとりの節電が、北海道で暮らすすべてのひとのためになります。

「無理のない範囲での節電」にご協力いただきますようお願いいたします。

 

 ※1  苫東厚真発電所1号機の出力が35万キロワットで、1号機の再稼働によって電力の供給力は391万キロワットと、地震前日のピーク時の需要383万キロワットを上回る水準に改善。

 ※2 今後、発電所の復旧が進み、また他の発電所にトラブルがなければ、電力供給が安定化。他の発電所のトラブル等、万が一の事態が生じた場合には、あらためて節電のあり方を検討。

 

 


 

(1)「無理のない範囲での節電」ご家庭での節電のポイント

 

  ・照明:不要な照明をできるだけ消しましょう

 

 ・テレビ:必要なとき以外は消しましょう

 

 ・パソコン:省電力設定を活用しましょう

 

 ・掃除機:日中はできるだけモップやほうきを使いましょう

 

 ・冷蔵庫:扉を開ける時間をできるだけ減らし、食品を詰め込みすぎないようにしましょう

 

 ・炊飯器:早朝に炊き上がるようタイマー設定。1日分をまとめて炊いて、冷蔵庫などに保管しましょう

 

 ・温水便座:温水便座の機能をオフにし、節電機能を利用しましょう

 

 ・待機電力:長時間使わない家電製品はコンセントからプラグをぬきましょう

 

 

(2)参考

 

 北   電 でんき予報 (北海道全体の需給状況をお知らせしています) 

 

           http://denkiyoho.hepco.co.jp/area_forecast.html

  

 北 海 道 平成30年北海道胆振東部地震に関する情報

 

       http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/jishin.htm

 

 経済産業省 資源エネルギー庁(北海道における節電協力のお願いについて)

 

       http://www.enecho.meti.go.jp/category/others/setsuden/

お問い合わせ

総務課
電話:0152-74-2111