農作業事故を防ぐためには

2017年5月15日

トラクター等の交通事故防止

農作業事故の中でも特に注意が必要なものがトラクターや農業機械の扱いです。

 

○農業機械の作業前点検・整備に心がけましょう。

 

○トラクター等の運転や農業機械による作業は、周りに人がいないか、周囲の安全確認をしてから作業しましょう。

 

○トラクターの横転、機械から落ちる、機械にはさまれる・巻き込まれることのないよう十分注意しましょう。

 

繁忙期の農作業事故

○忙しくなると疲労の蓄積などから注意力が低下し、事故発生を招くケースが多いので、十分に注意しましょう。

 

○慣れた作業でも疲労蓄積時や体調不良時は注意が必要です。適度な休憩や体調管理に心がけましょう。

 

声かけをしましょう

○お互いに「気を付けて」など声かけをしてから農作業を行いましょう。

 

○農作業事故を防ぐには、農業者一人ひとりの安全に関する意識・知識を高めていくことが大切です。

 

○一人で作業するときは、誤って事故が発生してもすぐに対処できるように、家族に場所や作業時間を話しておきましょう。

お問い合わせ

産業課
農業グループ
電話:0152-74-2111