ペットについて

2016年12月1日

 ◆犬を飼い始めたら畜犬登録をしてください

 

 犬を飼っている方は、「狂犬病予防法」により飼い犬の登録(生涯登録)を行うことが義務付けられています。犬を飼い始めた日もしくは生後90日を経過した日から30日以内に登録を行ってください。

 

 登録手数料は3,000円で、登録をすると鑑札が交付されますので、必ず首輪に取り付けてください。万が一、迷子になって保護された場合、飼い主を探す手がかりとなります。

 

 

 

≪様式≫畜犬登録申請書.pdf(71KB)

 

 

 次の場合、犬の飼い主の方は届け出が必要です。

 

  ・飼い犬が死亡したとき

  ・飼い主が変わったとき

  ・飼う場所が変わったとき

 

  ≪様式≫畜犬死亡届.pdf(61KB)         ≪様式≫畜犬登録事項変更届.pdf(69KB)

 

 ◆年に1度、狂犬病予防注射を接種してください

 

 「狂犬病予防法」により、年に1度、飼い犬は狂犬病予防注射を接種することが義務付けられています。予防注射手数料は3,110円(注射済票交付手数料550円含む)です。

 

 注射は、随時動物病院で接種できるほか、毎年春と秋に町でも集合接種を実施しています。実施については広報でお知らせいたします。

 

 

 ◆野犬の捕獲等について

 

 飼い犬であっても、つないでいない場合は野犬とみなし、捕獲します。告示後、処分することになりますので、飼い犬は必ずつないでおいてください。

 

 飼い犬が誤って放たれた場合は、すぐに役場または総合支所へ連絡をしてください。

 

 

 ◆ペットを飼うときのマナーについて

  ・最後まで責任をもって飼いましょう

  (どうしても飼育できなくなったときは、新しい飼育者を探してください)

 

 

  ・動物の本能や習性にあった環境で飼いましょう

 

  ・みだりに繁殖しないように不妊・去勢手術をしましょう

 

  ・フンや毛で、道路や公園を汚したり、鳴き声などにより人に迷惑をかけないようにしましょう

 

  ・首輪をつけるなど、飼い主がわかるようにしましょう

 

 

 ◎犬を飼うとき

 

  ・人に危害を加えるおそれのない場所、方法で飼いましょう

 

  ・犬の種類や健康状態に応じて、運動をさせましょう

 

  ・飼い主の指示に従うように、必要なしつけをしましょう

 

 

 ◎猫を飼うとき

 

   ・病気の感染や交通事故を防ぐために、室内で飼いましょう

 

  ・放し飼いをする場合は、不妊・去勢手術をしましょう

 

   

 ※野生動物にみだりに餌を与えると人になれ、住宅付近に居座ることがあります。周囲の方の迷惑となりますので、絶対にやめてください。

 

   野生動物が寄り付かないよう、住宅周辺の環境整備にもご協力ください。

 

お問い合わせ

住民課
住民グループ
電話:0152-74-2111