B型肝炎ワクチン

2016年11月16日

平成28年10月からB型肝炎が定期接種化になりました。

■対象となる病気等について

 B型肝炎ウイルスが体に入り、肝炎を引き起こす病気で、全身倦怠感、食欲不振、悪心、嘔吐などの症状が現れ、黄疸がでることがあります。

症状が軽い場合や自覚症状がないうちにウイルスが排除され、一過性の感染で終わる場合がほとんどですが、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(このような状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると、急激に症状が悪化して、劇症肝炎を発症し死亡する例や慢性肝炎へ進行し、肝硬変や肝がんを発症する場合があります。

 

 

■対象者

 平成28年4月1日以降に生まれた0歳児が対象となり、1歳になる前に3回の接種を終える必要があります。

 

 

■接種方法

 

標準的な接種

 生後2ヶ月から9ヶ月未満

 

 ・初回  27日以上あけて2回接種

 ・3回目 1回目から139日(20~24週)以上あけて接種  

 

  接種スケジュール.pdf(31KB)

■注意事項と副反応

 

注意事項

 1歳になってから接種した場合は、定期接種対象外となります。 

 

副反応

 まれに倦怠感や頭痛、発熱、注射したところが赤くなることや、腫れ、痛みがある場合があります。

 

 

お問い合わせ

福祉課 健康介護グループ 電話:74-2111

住民福祉課 福祉グループ 電話:66-2131