心身障がい者扶養共済制度(北海道事業)

2014年12月15日

 心身障がい者の保護者の相互扶助の精神に基づいて、保護者に一定額の掛金を納付していただき、保護者が死亡又は重度障がいになったとき、残された障がい者に終身一定額の年金を支給することにより、障がい者の生活の安定と福祉の増進を図ることを目的とした、扶養共済制度(北海道が条例に基づいて実施している福祉制度)があります。

お問い合わせ

福祉課
福祉グループ
電話:0152-74-2111