高齢者肺炎球菌ワクチン

2016年6月15日

 年度内に満65歳、75歳以上の年齢となる方、または、満60歳以上65歳未満の方のうち、心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいを有する方を対象に、肺炎球菌ワクチン(23価)の予防接種を行っています。
 特例として、平成26年度から30年度までの間は、満70歳の方も対象とします。

※ 年齢は、接種を受ける年度の3月31日現在の年齢です(例 平成28年度は、平成29年3月31日現在の年齢です)。
※ 心臓・腎臓・呼吸器の機能に障がいを持っている方は、該当する疾患による障がい者手帳1級または2級の方です。
※ ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障がいを有する方は、医師の診断書で確認します。

 

 

■接種場所・接種方法

 

 町の指定医療機関は、女満別中央病院と大空町東藻琴診療所です(いずれも予約が必要です)。
 (上記以外の医療機関では、全額自己負担となります。)
 ただし、事前に役場または支所担当窓口で専用の予防接種予診票の交付を受けてください。

 

 

■接種料金

 

 接種料金の3分の1

 (10円未満の端数は切り捨て、接種料7,000円だと、自己負担は2,330円になります。)

 

 

■注意事項と副反応

 

副反応

 接種後には、注射のあとに赤みや腫れ、また微熱や頭痛、全身のだるさが出ることがありますが、2日から3日で治ります。
 症状が軽い時は心配いりませんが、ショック、じんましん、呼吸困難などが現れた時にはすぐに医師の診察をうけてください。

 

 

お問い合わせ

福祉課 健康介護グループ 電話:0152-74-2111

住民福祉課 福祉グループ 電話:0152-66-2131