防災

2014年12月1日

■大空町地域防災計画

 

 大空町防災会議では、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)に基づき、大空町内の風水害、 地震災害などに対して、町民の生命、身体及び財産を保護し、被害を最小限に食い止めることを目的に、東日本大震災の教訓を踏まえ、また、国の防災基本計画及び北海道地域防災計画との整合を図りつつ、大空町地域防災計画・水防計画を修正しました。

 

大空町地域防災計画【第1次改訂版】

大空町地域防災計画【第1次改訂版】.pdf(3MB)

 

大空町水防計画【第1次改訂版】

大空町水防計画【第1次改訂版】.pdf(363KB)

 

 

■災害に備えて

 

 普段から防災対策をすることで、災害時の被害を防ぎましょう。

 

防災のしおり

0412大空町:防災のしおり2.pdf(4MB)

 

 

■災害一時避難場所・避難所

 

 災害が発生、または発生のおそれがある場合や避難勧告・指示があった場合は、速やかに指定された一時避難場所、避難所に避難してください。

 

女満別地区一時避難場所・避難所

女満別地区ハザードマップ130502.pdf(3MB)

 

東藻琴地区一時避難場所・避難所

東藻琴地区ハザードマップ130406.pdf(2MB)

 

 

■大空町内の土砂災害危険箇所について

 

大空町内の土砂災害危険個所について

 北海道では「土砂災害防止法」に基づき、土砂災害のおそれがある箇所を調査公表しています。
 そのうち、大空町内においては33箇所(土石流危険渓流19箇所、急傾斜地崩壊危険箇所14箇所)が土砂災害の恐れがある箇所として示されています。

 

  • 土石流危険渓流  大空町19箇所(女満別10、東藻琴9)
     渓床勾配3度以上の谷地形を有する渓流で、保全人家等が現にあるもの及び住宅の立地が見込まれるもの

  • 急傾斜地崩壊危険箇所  大空町14箇所(女満別14)
     傾斜度30度以上、高さ5メートル以上の急傾斜地で保全人家等が現にあるもの及び住宅の立地が見込まれるもの

 

 

 くわしい箇所図については、オホーツク総合振興局が公表している「土砂災害の予防に向けて」のページ内の「土砂災害危険箇所地図」をご覧ください。
 また、土砂災害防止法や北海道が実施する基礎調査等について詳しくは、北海道建設部のページをご覧ください。

※ この危険箇所は北海道が地形図等で判断したものであり、現地を詳細に調査した結果ではありません。
※ 詳細はオホーツク総合振興局網走建設管理部(0152-41-0736治水課防災係)にお問い合わせください。

 

 

 

土砂災害警戒区域について

 現在、大空町内においては「土砂災害警戒区域」「土砂災害特別警戒区域」の指定はありません。

 

  • 土砂災害警戒区域の指定(大空町0箇所)
     急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域

  • 土砂災害特別警戒区域の指定(大空町0箇所)
     急傾斜地の崩壊等が発生した場合に、建築物に損害が生じ、住民等の生命又は身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる区域

 

 

大空町地域防災計画「土砂災害予防計画」について

 大空町地域防災計画では、土砂災害時の予防対策や避難体制に関して「土砂災害予防計画」を策定しています。

 

 


 また、大空町では気象庁・気象台からの予報又は警報が発表された際に、「北海道土砂災害警戒システム」等を活用して、複合的に警戒避難体制(避難準備情報、避難勧告、避難指示)の判断を行っています。

 

 

 

■防災情報リンク

 

 国土交通省防災情報提供センター(別ウィンドウで開きます)

 北海道防災情報(別ウィンドウで開きます)

 網走地方気象台(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

総務課
総務グループ
電話:0152-74-2111