女満別湖畔

2014年12月1日

 網走国定公園に位置する網走湖女満別湖畔は「北海道景観百選」に選ばれたほど美しく自然豊かな湖です。四季を通じてその美しさは変わることなく、散策や季節ごとのレジャーをお楽しみいただけます。遊び疲れたら、湖畔の温泉で心ゆくまでおくつろぎください。

多言語化HP(別ウィンドウで開きます))

 

 

 

湖畔・春

 

 長い冬を越え、東オホーツクに春の訪れを告げる頃、湖畔では命の息吹が美しく咲き乱れます。

 雪解けの湖畔を歩いてみてください。日本一の規模を誇る「女満別湿生植物群落」では、水芭蕉群落を始め、たくさんの湿生の花たちをご覧いただけます。
 水芭蕉群落は、4月下旬から5月上旬が見頃。春の湖畔は散策に最適の場所です。

 

 

 

湖畔・夏

 

 湖畔の緑がにぎわう夏。アオサギはコロニー(営巣地)をつくり、カワセミが水辺を飛び回ります。

 キャンプ場野営場でのんびりと夏の夜を過ごしてみてはいかがですか。浅瀬ではしじみ採りを楽しめますし、湖上はカヌーやヨットでにぎわいます。

 夏の一大イベント「めまんべつ観光夏まつり」では水上花火大会やドラゴンボート競技会など湖畔ならではのイベントをお楽しみいただけます。

 

 

 

湖畔・秋

 

 短い夏が往き、湖畔が秋色に染まる頃、湖は「しらうお漁」の季節を迎えます。

 網走湖でとれる「しらうお」は非常に貴重で、味もとても繊細。おろし生姜を薬味にウズラの卵をからめて生で食べたり、かきあげにしたり湖の秋の味覚の一級品です。

 晩秋の湖畔では、白鳥が羽を休める姿をご覧いただけます。湖畔に冬が来る前の美しいひとときです。

 

 

 

湖畔・冬

 

 厳寒の冬、網走湖も一面の氷に覆われます。その氷の下を元気に泳ぎ回っているのが「わかさぎ」です。1月上旬から3月下旬にかけて、湖上では「氷上わかさぎ釣り」をお楽しみいただけます。澄み切った空気の中で楽しむ釣り、釣れたワカサギをその場で天ぷらで食べたら最高です。是非一度お試しください。

 また、凍った網走湖上では車のブレーキテストも行われています。

 

 

■網走湖プチ雑学


 網走湖は二つの層を持つ特殊な湖。網走川を通じてオホーツク海に結ばれているため、湖の干満によって海水と河川水が入り込みます。海水と河川水は比重が違うため混ざり合うことはないので、上層は淡水層、下層は塩水層となっています。現在は水深7メートル前後にその境界があります。このような湖を「汽水湖」といいます。

お問い合わせ

産業課
商工グループ
電話:0152-74-2111