介護保険を利用するとき

2014年11月12日

 介護保険制度から給付サービスを受けるためには、寝たきりや認知症などサービスを受けられる状態かどうかの認定(要介護認定)が必要です。
 大空町に申請すると、原則として30日以内に結果が通知されます。そして介護が必要と認められた場合に、介護サービスが利用できます。

 

 本人や家族が申請書に介護保険者証を添えて大空町に申請します。
 また、居宅介護支援事業者や介護保険施設に手続きを代行してもらうこともできます。

 

 

■要介護・要支援認定

 

 要介護認定は利用者からの申請に始まり、次の手順で行われます。

 

  • 手順1
     本人や家族が申請書に介護保険者証を添えて大空町に申請します。
     また、居宅介護支援事業者や介護保険施設に手続きを代行してもらうこともできます。

  • 手順2
     申請後、大空町の職員・大空町から委託を受けた居宅介護支援事業者等の介護支援専門員が訪問し、心身の状況等について調査します。また同時に、利用者のかかりつけ医から意見書を求めます。(かかりつけ医がいないときは、指定された医師の診断を受けます。)

  • 手順3
     大空町は、手順2の結果を保健・医療・福祉に関する専門員5人で構成された美幌地域3町介護認定審査会に提出して審査判定を求めます。

  • 手順4
     介護認定審査会での審査判定の結果を基に、要介護認定を行います。その認定結果が申請者に通知されます。(認定結果に不服がある場合、北海道の「介護保険審査会」に申し立てができます。)

  • 手順5
     要介護認定を受けたら、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選んで、どんなサービスが必要かを相談し、心身の状態、家庭の状況に適した介護サービス計画を作成してもらいます。
     なお、介護サービスの計画作成には利用者負担がありません。

お問い合わせ

福祉課
健康介護グループ
電話:0152-74-2111