下水道事業のしくみ

2014年11月6日

 私たちはより快適な生活を送るために、昔に比べたくさんの水を使っています。
 使われる水の量が増えると、捨てられる水の量も増えます。この捨てられた水をきれいにして、川や海へ返すのが下水道の役割です。
 捨てられた水は、そのまま川や海へ流れ込むと、自然を汚すだけでなく、私たち自身そして次の世代への暮らしに悪い影響を与えることになります。
 快適な生活環境をつくりあげていくために、下水道の整備を推進しています。
 なお、大空町から排出された汚水は、網走市に送られ、網走浄化センターできれいにして、海へ放流しています。

 

 

■下水道整備の状況

 

 女満別地区は平成2年度から、東藻琴地区は平成4年度から工事を開始しました。
 現在、両地区とも汚水管整備は、概ね完了しています。
 下水道利用の増加により、水洗化率は、平成20年度末で95%になりました。

お問い合わせ

建設課
管理グループ
電話:0152-74-2111