公共下水道受益者負担金

2014年11月28日

 公共下水道は、生活環境の改善および公共用水域の水質保全の機能を果たし、それを利用することによって利益を得ることができるのは整備された区域の方に限られます。このため、下水道建設費の一部を整備された区域の方に負担していただくのが受益者負担金制度です(東藻琴地区については、平成19年度より新たに拡大された整備区域が対象となります)。

 

 

■負担金の対象となる土地・地域について

 

 個人・法人所有のすべての土地が対象となります。
 下水道が整備された区域を「供用開始区域」として告示し、その後受益者負担金を納めていただく区域を「賦課対象区域」として町が年度当初に告示して、みなさんにお知らせします。

 

 

■負担金を納めていただく方とは

 

 公共下水道処理区域内の土地の所有者です。

 しかし、長期間にわたって土地を借りている場合などは、土地所有者と借地人の双方で話し合いをして、負担される方を決めていただきます。

 

負担金を納めていただく方の一例

受益者決定の一例

例1

例2

例3

例4

Aの土地にAが家を建てAが住んでいる場合

Aの土地にAが家を建てCに貸している賃貸アパート等の場合

Aの土地にBが家を建てBが住んでいる場合

Aの土地にBが家を建てCに貸している賃貸アパート等の場合

受益者はA

受益者はA

受益者はAまたはB

 

※ 受益者負担金は、原則的に賦課対象区域内のすべての土地に対してかかりますが、所有する土地等の状況により徴収の猶予をする場合があります。

 

 

 口座振替による納入を希望される場合は、各金融機関で手続されますようお願いいたします。
 上下水道料などを口座振替されていても、受益者負担金の口座振替の手続は別に必要となりますので、お手数をおかけしますが、金融機関で再度手続をお願いします。
 口座振替取り扱い金融機関については、税や使用料などの口座振替ページをご覧ください。

お問い合わせ

建設課
管理グループ
電話:0152-74-2111