保険料の納付

2017年3月31日

 老齢基礎年金を受けるためには、最低25年以上(※)(保険料免除期間、カラ期間を含む)保険料を納めることが必要です。
 性別、年齢、所得に関係なく一律に20歳から60歳になるまでの40年間納めて、はじめて満額の年金となります。

 

 ※平成29年8月から、老齢基礎年金を受けるために必要な納付期間が「25年」から「10年」に短縮されます。

■保険料

 

保険料について

定額保険料

月額 16,490円(平成29年度)
※ 平成30年度も毎年引き上げられる予定です。 

付加保険料

月額400円(希望者のみ)

保険料の割引

  • 現金納付・クレジットカード納付
     
    前納(2年・1年・6ヶ月)すると割り引かれます。
  • 口座振替
     前納(2年・1年・6ヶ月)と当月末振替(早割)があります。

 

 

■保険料の納め方

 

保険料の納付について

第1号被保険者

 口座振替や日本年金機構から送付される納付書を、金融機関・郵便局・コンビニエンスストアで納める方法があります。

第2号被保険者

 厚生年金や共済組合でまとめて国民年金に支払いますので、個人で納める必要はありません。

第3号被保険者

 第3号被保険者の届出さえすれば、配偶者の加入する年金制度で負担しますので、個人で納める必要はありません。
(配偶者の給料から被扶養者の保険料は天引きされません。)

保険料納付
2年時効と後納制度

 保険料を納め忘れた場合、2年以内ならさかのぼって納められますが、2年を経過すると時効により納められなくなります。
 なお、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができます。

 また、60歳になってから任意加入し納付することも可能です。

お問い合わせ

福祉課
戸籍保険グループ
電話:0152-74-2111